プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

はじめまして!
今年の2月からアルポルトカフェ日本橋高島屋店でお世話になっています。WEB広報やワイン等の担当です。ご意見、ご質問などがございましたら、お気軽にどうぞ

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 秋の味覚 「ポルチーニ茸の生フェットチーネ」 | メイン | 11月のパスタ「5種のキノコと札幌黄玉のカッペリーニ 温かいスープ仕立て」 »

2010年10月28日 (木)

秋の歌声 ジェーン・バーキン


いつもアルポルトカフェ日本橋高島屋店をご愛顧下さいまして、まことにありがとうございます。

本日は小野りささんのベストアルバムに代わる、新しいBGMの御紹介です。

女性なら誰もが知っているエルメスのバーキンというバックは、実にこの女性ジェーン・バーキンからとられたものであるというエピソードは、結構有名ですが、でもこのジェーン・バーキンという人が何者なのかまではあまり知られていないようです。

私がこのCDを流して、これ「ジェーン・バーキンだよ」と言っても、「???」とか「ジェーン・バーキンって歌手だったんですか?」みたいなことを言われました。

まあ私もあんまり詳しくは知りませんし、そもそもこの人の多様な活動は歌手という職業でしばりつけることは不可能であるとも言えるでしょう。

あんまり話が長くなるのもあれなので、取り敢えず歌手として、また取り敢えずこのベストアルバムに関して私見を述べさせていただけば、独りごとのような、あるいは囁きのような溜め息まじりのかすれた歌声もそうですけれども、それはセルジュ・ゲンスブールという彼女の2番目の夫にして、フランスの天才作曲家・作詞家・映画監督・俳優の提供による楽曲があるからだと言えるでしょう。

露骨な性描写で有名なJe t'aime moi non plusジュ・テーム・モワ・ノン・プリュに象徴される、官能的な作風は一世を風靡しました。

また田村正和さんと常盤貴子さん主演のドラマ「美しい人」のテーマ曲となった「無造作紳士(L'aquoiboniste)」や「Yesterday Yes A Day」はあまりにも美しい。

おしどり夫婦と言われたセルジュ・ゲンスブールは既に亡く、彼女もいまや63歳となりました。イギリスとフランスの感性の精髄とも言える彼女の愛と哀しみと憂鬱の歌を是非聴いてください。

日本橋イタリアン アルポルトカフェぐるなびトップページ
片岡護の料理教室
日本橋おすすめランチは高島屋B2アルポルトカフェ
仕事帰りや買い物帰りはもちろん、記念日デートやパーティにも
イタリアンの巨匠 アルポルト片岡護直伝パスタ
絶品イタリアンドルチェ
自然派ワインはもちろん、伝統的で個性的なおすすめイタリアワイン
はてなブログトップ
★ランチでも使えるお得なクーポン★はこちら
歓送迎会から同窓会、忘新年会まで。イタリア郷土料理のパーティプラン>>
日本橋店 シェフ末松充のブログ
日本橋高島屋 今週の催事

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/565545/28344131

秋の歌声 ジェーン・バーキンを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アルポルトカフェ 日本橋タカシマヤ店 のサービス一覧

アルポルトカフェ 日本橋タカシマヤ店